アトリエねこのて
nekonotebl.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:透け感のある布を使って( 5 )
透け感のある布を使った カーディガン
b0172497_17322031.jpg


透け感のある布を使って カーディガンを作ってみました。

わかりやすいように 白いものの上に重ね着で、、、

繊細な生地なので 針も糸もいつものとは違うものに。。。

家庭用ミシンの限界でしょうか そろりそろりカタ、、、カタ、、、カタ

の調子でも 生地を傷めそうになり(~_~;)

b0172497_173386.jpg


ドロップしたお袖に、ストールを衿に縫いつけたようなイメージで。。。


色目が少し地味だったのでどうしよう。。。母には丈があわないし、、、

b0172497_2316376.jpgはずれのとき ねこのてマーク

ねこのて動画
↑ネコ好きの方に
[PR]
by ateliernekonote | 2009-05-23 17:45 | 透け感のある布を使って
デザイン画
b0172497_1813875.jpg

娘がデザイン画を描いてくれたんですけど、基本的に自分の服か、
自分の買ってきた布しか興味がないみたい

今朝布が宅配されてきました。
すごく繊細な生地で、超スケスケ手のアレがあると引っ掛けちゃうどうしよう。。。

しばらく 姫生活して、手のアレをなくしてからでないと
お手入れして執りかかります。
ということは、出来上がった服を着る人も、姫でなくては?


b0172497_2134333.jpg

イタリー のシルクシフォン。

ごく薄地でふんわり軽くて透け感たっぷり。
細かく縦に流れる楊柳シボが、繊細で涼しげです。

ぷるんと揺れる柔らかなハリがあり、フェミニンなシルエット作りに最適。
TPO に合わせて、季節を問わず着用いただけます。

ということなので
どんなものにしようか、妄想状態。

b0172497_2154683.jpg

b0172497_2181844.jpg

カーキ とブルー の2色。
直径約1.5cmのヨーロピアンな小紋柄プリントがエレガントです。

縫製や取り扱いの難しさから、初心者の方はどうしても敬遠しがちなシルクシフォン。

昔々扱ったことがあるような。。。
とってもお買い得80%オフだたので挑戦してみます。着分千円ポッキリ

ブラウス、チュニック、ワンピース、スカートなど、
透け感を活かした、ふんわりエアリーなお洋服に。。。って説明にはあったけれど

届くのが楽しみです
[PR]
by ateliernekonote | 2009-05-19 17:52 | 透け感のある布を使って
透け感のあるブラウスのハンドメイド
b0172497_18271948.jpg

透け感があるブラウスをつくってみました。
身ごろは共布で二重にしているので気になりません。

久しぶりにソーイングにとりかかって二ヶ月あまり、柔らかくて透け感のある
トロントロンの布を使ってのソーイングがお気に入り、カット、アイロン、ミシンと
繊細な布あいて、かたちになってくると嬉しくて。。。
そんなソーイングが、最近のお気に入りです。
b0172497_18274325.jpg

ネックのセンターでリボン結び。リボンをサテンのような別布いいかもね。
b0172497_1828298.jpg

お袖は、一枚でシースルー 袖山にギャザーで仕上げてみました。
b0172497_18285860.jpg

両サイドにゴムを縫いつけクシュクシュと、、、
[PR]
by ateliernekonote | 2009-05-14 18:42 | 透け感のある布を使って
フォーマルでも大丈夫
b0172497_15083.jpg


レース素材のワンピース。ネックのまわりはシースルーになっていて、娘も感心。
フォーマルのつもりはなかったけれど、娘友達の結婚披露宴なんか大丈夫そう。
b0172497_1504377.jpg

玄関先におかれた ブーツ 1足 2足 3足 4足。。。etc     誰が片付けるの?

ウエディングドレスも縫ってあげるから早く嫁にいってください。
[PR]
by ateliernekonote | 2009-05-06 10:50 | 透け感のある布を使って
チュニックBL ミントグリーン お袖タックの取り方
b0172497_15564877.jpg


白っぽく写っていますが、ミントグリーンのBLです。
試着してみると意外と満足。
ハンガーにかけると、デカ!
撮影用に、ごまかしてると、娘が「はいんの?」
トルソー、おねだりしようかな。

実寸に緩みを加えて、これで十分だろうとおもってると
大きな間違い、こんなはずでは、、、
大きく成長した自分を、自覚するのでした。

デコルテを出せば、若返るという娘を信じて、大きく開けてみました。
鎖骨は、見当たりません。埋もれてしまった。

b0172497_1617219.jpg


ウールのジョーゼットなので、透け感があります。
身ごろを二重に仕上げお袖は一枚仕上げ。
お袖のタックの取り方、裁断方法、次回お知らせしたいと思います。
お袖と身ごろの上の一枚だけタックッを2本とってみました。
ちょうどおなか周り、強調してみました。
なんだか、いい感じです。

お袖のタックの取り方です。

袖底と袖底のつないだ線と、袖山からの線は垂直になるようにパターン上ではなっています。
横の地のメと、縦の地のメをそれに合わせるようによくプレスし、
袖丈+(タックの幅×2)×タックの本数を袖丈にプラスし縫い代を加えたものと
袖幅の一番広い部分+縫い代とで長方形に見積もり裁断します。
(メーカーの裁断の時には、10cm単位で節約することを思えば贅沢ですがハンドメイドですので)

次に、タックの位地を、袖底を中心として
(タックの位地をすそにしようと決めたら袖山の方から袖底の位地をきめる
袖山にするのであれば袖口の位地から袖底を決める)、布地の上で考えます。
タックの山(表から見たときの)になる部分を印しします。
和裁に使うヘラのようなものがいいかも。抵抗があれば切りじつけ。
印に沿ってアイロンでプレスしタックの幅のとこでスッテッチミシン。
このとき布地がずれないように注意。
タックが仕上がったとこで、パターンをおき直し裁断します。
タックのミシンがけのとき、多少ずれてしまっても、大丈夫です。
お袖付けのときは、先にキセかけ用のミシンをかけてタックを押えてください。
ご質問があればお知らせ下さい。

*写真のタック位地に決めたのは、透け間感のある素材なので、
 一番気になる位地にいれてみました。
[PR]
by ateliernekonote | 2009-05-04 17:54 | 透け感のある布を使って